title_profile

藤井泰和 – ふじいひろかず

幼少より祖母阿部桂子(銀明会初代家元)、母藤井久仁江(銀明会二代家元・人間国宝)に箏の手ほどきを受け、後に祖母より三弦の手ほどきを受ける。

藤井泰和

[1983]東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。
[1985]同大学院修了。諏訪に於いて90年まで連続5年間コンサートを開催。
[1986]NHKオーディション合格。国際交流基金の派遣により、ロサンゼルス・バンクーバー等、アメリカ・カナダ各地巡演。またバンクーバー万博に参加、日本館にて演奏。
[1988]国際交流基金派遣によりニューヨーク・トロント等アメリカ・カナダ巡演、又各地高校・大学で講義を行う。
[1989]JALの後援により、バークレイ・ワシントンDC等アメリカ各地で講義・公演。
フラメンコ舞踊家 小松原庸子氏マドリード公演にて演奏。
[1990]スペインセビリアより国際弦楽器フェスティバルに招待され「八重衣」を演奏。
[1992]国際交流基金派遣によりオーストリア・ポランド等ヨーロッパ各地巡演。
またスイスにてCDの録音・ラジオ出演。
[1993]第1回 藤井泰和 地歌演奏会を開催。18年現在まで24回開催。
[1994]文部省文化庁の派遣によりハワイ・ロサンゼルス等アメリカ各地巡演。
[1995・96]高崎芸術短期大学講師を務める。
[1999]国際交流基金派遣によりアメリカ各巡演。
同年同派遣によりドイツ各地巡演。
[2000・01]坂東玉三郎特別公演に出演、全国各地で公演。
[2002]邦楽普及を目指し、ライブ形式の「地歌の会」を全国各地にて開始。
18年現在まで33回開催。
[2005]芸暦40周年、開軒20周年記念演奏会を日本橋公会堂で開催。
[2006]銀明会創立75周年記念演奏会を国立劇場で開催、それを機に銀明会三代目家元を襲名。
バイオリニスト 千住真理子氏と宮城道雄作曲「春の海」を共演。
[2008]国立劇場にて、祖母阿部桂子十三回忌・母藤井久仁江三回忌追善・藤井泰和銀明会会長襲名記念披露演奏会を開催。
[2008・09]21世紀邦楽の会の依頼によりチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院にて演奏。
[2011]銀明会創立80周年記念演奏会を国立劇場にて主宰。
日・独交流150周年記念行事でドイツ各地にて「藤井泰和地歌公演2011」開催。
仙台に於いて「東日本大震災チャリティーコンサート」に参加出演。
[2012]アメリカ各地に於いて坂東鼓登治氏主宰「歌舞伎ダンス公演」にて演奏。
久良岐能舞台創立25周年記念事業として「藤井泰和の地歌演奏会」を開催。
[2013]「藤井泰和地歌の会」第30回記念演奏会を天現寺ホールにて開催。
[2014]2月神戸朝日ホールに於いて「銀明会関西支部55年の歩み・藤井泰和芸歴50年目を迎えて」と題し記念会を開催。
9月シアトルにて「藤井泰和 シアトル地歌公演 JIUTA:VOICE OF LONGING」開催。
コーニッシュ芸術大学に於いて特別講師を務め、TV出演、講習会も行う。
第24回「藤井泰和地歌演奏会」を芸術選奨・文部科学大臣賞受賞記念会特別公演として開催。
11月ジャパンソサイエティ主宰「江戸と京阪の三味線音楽の真髄」公演にニューヨークにて演奏、また「藤井泰和ミニコンサート」をマサチューセッツ州にて開催。
[2015]長谷検校墓所再築事業に実行委員として携わり、竣工式にて「残月」献曲。
第21回「藤井泰和地歌演奏会」を芸歴50周年、開軒30周年記念会として開催。
[2016]銀明会創立85周年記念会を国立劇場にて主宰。
モスクワチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院創立150年記念演奏会に招待され演奏。
福岡に於いて「熊本地震チャリティーコンサート」に参加出演。また企画にも携わる。
国立劇場 開場50周年記念会に出演。
[2017]インド日本大使館に於いて、日印友好交流60周年記念行事「日本インド伝統芸能の夕べ」に、尾上菊之助丈と「鐘が岬」を共演。
[2018]21世紀邦楽の会の依頼によりチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院にて演奏。

 

その他、TVやFM放送、CD録音、舞踊地方等で高い評価を受けるほか、各地の稽古場で
後進の指導に当たっている。
文化庁芸術祭新人賞、文化庁芸術祭優秀賞、芸術選奨・文部科学大臣賞受賞。
紫綬褒章受章。
CD作品「藤井泰和の三弦」(作品Ⅰ、Ⅱ)、「藤井泰和の松浦の四つ物」ほか
生田流箏曲・九州系地歌演奏家。銀明会会長。(公社)日本三曲協会理事。生田流協会理事。
21世紀邦楽の会顧問。目黒区三曲連盟副会長。東京藝術大学非常勤講師歴任。